新型コロナウイルスも風邪の一種!?でも、「風邪」と言えばライノウイルス

 

新型コロナウイルスが世界で拡散していますが、それではそもそも「風邪」についてどれくらいご存知でしょうか?

例えば、「風邪」と聞くとどういったウイルスを思い浮かべますか?

今回は、「大人の風邪に多いライノウイルス」についてご紹介します。

 

「風邪」ってそもそもなに?

一般的には、「風邪」と呼んでいますが正式には「風邪症候群」です。そして、上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称のことをいいます。

→ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こしてしまうため、以下のような症状が現れることになります。

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻詰まり
  • 喉の痛み
  • 発熱

など、誰もが実体験として経験があると思いますがこういった症状が現れます。

 

風邪の原因は?

風邪の原因微生物の約80~90%は、ウイルスだと言われています。

ちなみに、そのウイルスの中にコロナウイルスも含まれています。そういう意味では、コロナウイルスじたいは身近なウイルスでもあります。(風邪症候群の原因微生物として、ライノウイルスの次に多い)

さて、そんな風邪を最も引き起こしやすいウイルスが、本題のライノウイルスです。

 

主な風邪ウイルス

  • ライノウイルス:風邪の原因の約30~40%を占めています。秋や春に多く、主に鼻風邪を引き起こす。
  • コロナウイルス:ライノウイルスの次に多く、主に冬に流行する。鼻やのどの症状を起こす。
  • RSウイルス:年間通じて流行するが冬に多い。乳幼児に感染すると気管支炎や肺炎を起こすことも。
  • パラインフルエンザウイルス:鼻やのどの風邪を起こすウイルスで、子どもに感染すると大人より重症になりやすい。「秋に流行する型」・「春~夏に流行する型」がある。
  • アデノウイルス:冬~夏にかけて多い。咽頭炎・気管支炎・結膜炎なども起こす。(プール熱の原因ウイルス)
  • エンテロウイルス:夏に流行する。風邪症状以外にも、下痢を起こすこともある。

つまり、1年を通じて風邪にかかる危険性があり、子どもの方が重症化しやすい風邪もあります。そして、新型コロナウイルス以外にも気をつけるべきウイルスは季節によってたくさんあることになります。

*ちなみに、ウイルス以外では、肺炎マイコプラズマなど特殊な細菌が原因になる場合もある。

 

ライノウイルスとは?

今は新型コロナウイルスの影響で違いますが、風邪にかかれば一番に疑われるウイルスがこのライノウイルス(大人の2分の1~3分の1がこのウイルスが原因)です。

ライノウイルスは「33℃でしか増殖しない」とされ、そのため通常のライノウイルスによる炎症は上気道に限局されます。

  • 潜伏期間:1~3日。
  • 症状:頭痛・喉の痛み・鼻詰まり・くしゃみ。(発熱はない)
  • 水のような鼻水が出始め、濃いねばっこい黄色あるいは緑へ変化し、量も少なくなる。
  • 軽い咳が少し遅れて、出始め2週間近く続くこともある。
  • 1~2週間以内に軽快。
  • ライノウイルスは血清型が数百種類あると考えられており、ワクチンを作ることはほぼ不可能。

つまり、特効薬はなく対処療法しかありません。そういう意味では、新型コロナウイルスと同じような対処になります。


さらに、風邪になると一時的に気道の粘膜が傷んだ状態になります。そのため、二次的に病原体(特に細菌)による感染を起こしやすくなり、気管支炎・肺炎・副鼻腔炎などにより抗生物質が使われることがあります。

つまり、「たかが風邪」ではなく「その体調不良をきかっけに他の感染症の危険性にさらされている状態だ!」と考える必要があります。

また、抗菌薬はウイルスには効果がありません。

そのため、ウイルス性のかぜ症状があれば「安静、水分・栄養補給による自然治癒」「対処療法」が中心になるため、やはり体調を崩さないように生活習慣を整える必要があります。

 

最後に

人が1年間に風邪をひく回数は、平均3~6回と言われています。風邪は、4日~1週間程度で治ることが多く、発熱が3日以上続くことはほとんどないようです。

ただし、風邪をひいている間に別の細菌に二次感染し、色の付いた痰が出たり熱が続くこともあります。さらに、合併症として中耳炎や肺炎、脳症などが引き起こされる場合もあります。

子どもや高齢者の方が、風邪をひく回数が多くなる傾向があるため、特に注意が必要です。

厚生労働省でも発表されていますが、新型コロナウイルスもウイルス性の風邪の一種です。ただ、合併症かどうかまだ分かっていませんが、重症化してしまうことがあります。

「風邪は万病の元」と言われるとおり、本当に体調不良のきっかけとなります。特に、VDT症候群にはご注意下さい。

 

VDT症候群については、こちらの記事で紹介しています。

VDT症候群は今や現代病! ついついやりすぎていませんか?


参考

くすりと健康の情報局:風邪の原因
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/01_kaze/

日本呼吸器学会:呼吸器の病気
https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=2

横浜市:ライノウイルスについて
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/eiken/kansen-center/shikkan/ra/rhino1.html

厚生労働省:新型コロナウイルスを防ぐには
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です